fc2ブログ
■日記

■2022年1月16日

今週は、月曜日が休みだったので、4日在宅勤務だった。

月曜日は、前日5時過ぎまでDTM作業をしていたので、12時過ぎまで寝ていた。

13時過ぎに家にあるもので昼食を済ませた後は、少しゲームをしてからDTM作業。

日曜の夜に初音ミクNTの入力して声も合わせてアレンジを行って、後は細かい調整とミックス、マスタリングとなったので、先にラフな状態での音源を使用して動画を作成していた。

夜はYouTubeの配信を観ていた。


仕事は、相変わらずの作業でやっていることに変わりは無し。

ただ、このコロナ禍が終わったあとのどうするかとかの検討がされているようだけど、ここ最近の状況を見るとまだまだ収束はしなさそうだね。

まぁ、今のオフィスから新しい働き方に向けての準備は少しずつ進んでいるようだ。

ただ、ここらへんの情報はチームの会議で上司が展開してくれないので、部の幹部社員の定例会議の資料(一般社員もアクセス可能な状態になっている)を自分で見て情報を仕入れている。

完全に方針が確定して、こちらも準備とかの対応が必要になれば展開されると思うんだけどね。


フリートークは、テレパシーについて。

専門家じゃないので、間違った見解とかがあるかもしれないという前置きをしておく。

WikiPediaのテレパシーの項目によると、テレパシーはある人の心の内容が、言語・表情・身振りなどによらずに、直接に他の人の心に伝達されること(出典:デジタル大辞泉)とのことで、実験とかでは脳波の変化とかがあったりすることは確認されているけど、イメージの伝達とかができたことは証明されていないらしい。

自分は、テレパシーが実際に存在するかどうかはわからないけど、双子の間で感情の共有とかができたりすることや、親しい人とかが亡くなる時とかに虫の知らせというものがあったりするので、テレパシーの定義とは異なるもので何らかの意識の伝達は存在していてもおかしくないのではないかと思う。

で、双子の間で何らかの感情とかの共有ができるのは、遺伝子が一致するため送受信する脳波のようなものの周波数的なもだったり信号のフォーマットがほぼ一致するために、双方向で何らかの通信が行われているのではと考えることができる。

実は、人間は自分の意識を常時外部に送信しているけど、周波数的なものだったり信号のフォーマットが人それぞれで異なるために、受信できない、または、受信できたとしてもその信号を解読できないという可能性がある。

人が脳内で考える言語が違うため、遠くの国の人の意識を受信できているんだけど、知らない言語だから脳内ではノイズ扱いされて解読されないとかなのかな~と。

別の考え方では、実は他人の意識の情報を受信できているけど、自分で思考しているものと勘違いしていてわからないというのもあるかな。

世界の人口だけでも約79億人(2021年)いるので、脳内で何らかのフィルターが掛かっていて基本殆どの意識の情報はブロックされているけど、ブロックをすり抜けて入ってきたものの中で解読できたものがあるけど、他人の意識の情報であることを自分は認識していないので、自分が考えたことになっているとか。

と考察してきたけど、人工内耳が音を電気信号に変えて、電極で直接神経を刺激するという仕組みで、人によって神経信号の規格的なものが大きく異ならないということだと、考えていることとかの脳内での伝達方法が人によって同じであるということになって、この考えは成り立たなくなるかな~

まぁ、こういうことはちゃんと研究している人がいると思うので、その人にお任せしようw


ということで、週末の記録。

土曜日は、11時過ぎに起きた。

外は風が強かったので出かけずに過ごした。

午後は、ゲームやYouTube配信を観たりしていた。

夜は、少しDTM作業をしていた。

新しい曲(カバー曲)に手を付けたんだけど、思ったように進まなくて25時過ぎに中断した。

その後は、TSUTAYA DISCASで届いていたスター・トレック ディスカバリー シーズン3を観たので、寝たのは4時過ぎていた。


今日も11時過ぎに起きた。

少しダラダラしてから、風が強くなかったので出かけた。

買いたい物があったのと、この前混雑していて諦めたバーミヤンで昼食を食べたかったので、イオンタウンへ行った。

今回は混んでいなかったし、注文してからそんなに時間が経たずに料理が出てきた。

少し行かない間に、武蔵野麻婆と炒飯のセットがメニューから無くなっていた。

しかし、武蔵野麻婆を注文するとオプションで炒飯が選択できるようになっていたので、消滅したわけではないみたい。

ということで、武蔵野麻婆に炒飯を付けて食べてきた。

その後は、ホームセンターに行ったんだけど、入口近くに防災用品のコーナーが有って、なんか有った時に有ったほうがいいかなと思って、簡易トイレとカンパンではない缶のパンも買った。

2、3日を過ごす量としては全然足りないんだけど、お値段が安くはなかったのでそんなには買わなかった。

帰ってきてからは、ゲームとYouTubeの配信を観たりしていた。


来週は、今の所これと言った予定はないかな。

なんとかやり過ごしたい。
スポンサーサイト



タグ : 日記

■2022年1月9日

今週は、1月4日の火曜日まで年末年始休暇だったので、3日在宅勤務だった。

1月3日、4日は出かけずにダラダラ過ごしていた。


仕事は、これと言ったことはないかな。


フリートークは、前世の記憶を持った人や、イタコが亡くなった人を呼び出すメカニズムをこの世界がプログラムとして動作していたときにどのように実装されているのかを考えてみるという話。

この世界はシミュレーションされている世界ではないかという話は、以前のブログでも書いた事がある(ちゃんと理論になっていることなども)。

この世界自体は創造主(神)がいるとしても、その創造主が世界の理を設定し、最初のきっかけを作ってこの世界が生まれたはずで、その世界の理(物理法則だったり、物質構造など)を設定するというのはプログラミングを行ってシミュレーションを行うということと変わらないのではないかと思う。

そこで、前世の記憶を持った人や、イタコが亡くなった人を呼び出すというのが事実だとしたらどのように実装されているのかということを、この人間界に存在するプログラム言語で実現できないかというのを考えてみようという試み。

まずは前世を記憶を持つということから。

これは、新しい生命として誕生した人の記憶に、昔亡くなった人の記憶の一部が残っていると考えられる。

生きている間は、オブジェクトとして世界のメモリ領域の一部を確保し記憶を保持していて、亡くなったときにオブジェクトが削除されて、確保していた領域が解放されたけど、解放されたメモリは解放時には消去されていないということかな。

で、新しく生命が誕生したときには、オブジェクトが生成されてオブジェクトが使用するメモリ領域が確保されるのだが、最近の多くの言語では確保時に初期化するものが多いと思うのだけど、この世界の動作では初期化されないようである(C言語系かな?)。

で、通常は、オブジェクトが確保したメモリ領域の型にはまる時に意味のあるデータとしては機能しない(例えば、オブジェクトの種類を記録する部分が、昔の人の記憶の領域の一部だったとか、生まれた人の記憶を記録する領域が、身体的な特徴を記録する領域だったためデータとしての形式が合わずに記憶として扱われない)のだけど、たまたま亡くなった人の記憶だった部分が生まれた人の記憶の部分と一致して、新しく生まれた人には無い記憶が自分の記憶として残っているとすると前世の記憶が残っている人は本当に存在するということになるw

次にイタコが亡くなった人を呼び出すメカニズムについて考えてみる。

これは、前世の記憶の部分でもあった亡くなって開放されたメモリは初期化されずに開放される必要がある。

また、この世界を動作させているコンピュータ的なもののメモリが無限の可能性もあるけど、有限だとすると開放されたメモリは一定時間残る仕様になっているか、古いものから上書きされていくという仕組みになっているのだと思う。

これは、縄文人や弥生人とかのすごく昔の幽霊を目撃した情報を聞かないことの説明にもなるかも。

で、イタコは何らかのバグ技的なものを使って、この世界のメモリ空間の亡くなった人の部分にアクセスして、自分の中に降ろしてきて再現すると考えられる。

これも最近の言語ではできなくなっているものも多いけど、C言語系のポインタアクセスなら可能だと思う。

ポインタアクセスというのは、広大なメモリにはアドレス(この世界で言う住所)が設定されていて、そのアドレスに行けば目的のデータが参照できるというもの。

それで、イタコは、依頼者から情報を聞くことによって、降ろして欲しい人の情報のある場所(この世界のメモリ領域のアドレス)を探し出して、一時的に自分のオブジェクトのアドレスとしてオブジェクトのアドレスの書き換えを行っているのかもしれない…(戻し方の説明が難しいけど、この世界ではバグやチートの検出システムがあって、見つかると強制的に修正されるとかかな~)

自分はイタコのお世話になったことはないけど、遊びで生きている人の霊を降ろしてもらったりしてぜんぜん違う感じでインチキだったという話を聞いたり、イタコが「この人は生きているから降ろせない」とか言われて本物だと思ったとかというのをネット上で見たことがあるけど、本当に神がかり的な力がある人は、このポインタアクセスをして一時的に自分のオブジェクトに亡くなった人のアドレスを結びつけることができるのだろう。

ということで、前世の記憶を持った人や、イタコが亡くなった人を呼び出すメカニズムをプログラムで行うとこんな感じかな~と考えてみたけど、最近の言語はメモリ周りは初期化が当たり前になってたりするので、昔の言語になってしまうんだよね。

まぁ、プログラミング言語というのは人間が扱いやすくしたものなので、本来は機械(マシン)語を使ってアセンブラで書かれていると考えると、メモリ管理とかは自分でしないといけないと思う(自分はそこまで詳しくない)ので、この世界を作った存在はアセンブラで世界を構築したということでw

C言語のポインタ関連については、C言語の習得でつまづく人が多い部分だったりして説明するのが難しいので、気になる方は自分で調べてみてください。


ということで、週末の記録。

土曜日は、11時過ぎに起きた。

木曜日に雪が降って、金曜日はまだ雪が残っていそうで昼休みの時間にスーパーに行くのを延期したので、自転車でスーパーまで行ってみたら、そんなに雪が残っていなかった。

雪が残っていたら夕方の病院も来週に延期しようと思っていたんだけど、行ってきた。

深夜はDTM作業。

新しい作品に手を付けた。

今回はカバー曲で、楽譜がないので耳コピしていた。

キーがCでは無いので耳コピに難航するようだったら曲を変更しようと思ってたけど、思いのほかうまく進んだ。

完全耳コピではなく、wavetoneというフリーソフトで、テンポ、キー、大まかなコードを解析して、DAW上で持っている音源のファイルを読み込ませて、コードを鳴らして違和感がないかを確認しつつ、コードを確定させメロディーの入力の流れ。

メロディーの入力は、最初に音階関係なく音源を聞きながら音符を歌のメロディと同じように配置し、音源と同時に鳴らして一致するまで調整して、その後は音を上下させ同時に鳴らしてずれてないか確認するという感じ。

今回は、キーがCではないので、鍵盤で弾いてみて確認する作業ではちょっと音はずれてるけどこの流れで問題ないな~というのを確認した後、音源と同時に並べて聞いてみて調整するという感じでやっていった。

時間がかかるかな~と思ったら意外と早くできた。

その後、アレンジもしていったけど、原曲が音数が少ないのでいつも程は音を詰め込まないほうが良さそうで、もう初音ミクNTで音声を作成して確認しながら詰めのアレンジをしていってもいいかな~という状態。

うまく行けばそんなに時間がかからずに公開まで行けるかもしれない。

そんなこんなで、5時とか過ぎていて、寝たのは6時30分過ぎていた。


今日は、12時頃起きた。

少しダラダラしてからコンビニに昼食を買いに行ってきて、帰ってきてからはゲームをしたりYouTubeを観たりしていた。

明日も休みなので、このブログを書き終わったら、深夜までDTM作業をやろうかな~と思っている。


来週もこれと言った予定は今のところはないかな~

まぁ、なんとかやり過ごしたい。
タグ : 日記

■2022年1月2日

今週は、水曜日から年末年始休暇だったので、2日在宅勤務だった。


仕事は、年末年始休暇が目前でやる気が起きないということで、これまでの貯金を使いつつまったり時間を堪能した。

これと言って書くようなアクシデントとかも発生するはずもなく終わった。


フリートークは、先週の学歴に関して書いた時に思い出した大学の就職担当の教授について。

その教授は、10年ほど前に定年で退任されているのだけど、今同じことをしていたら問題になっていたのかもしれないとか思ったりする。

自分のいた大学は理系で、電気系の学科にいた。

文系もそうかはわからないけど、当時は大学ごとに推薦枠というのがあって、その推薦枠の人数までなら内定がもらえるという感じだった。

で、その就職担当の教授は、最初にどの会社を受けたいかの希望のアンケートを出すのだけど、ほぼ希望が通らない。

まぁ、その推薦枠というのがあるため人数調整が必要だというのがあるのかもしれないけど、その後、その教授と面談して、教授から「○○を受けろ」と希望と関係ない企業を指定される(複数から選べと指示されることも有った)。

ただ、自分のいた学科は、電気系とは言え、情報系から半導体系、センサーやモーター、電力系と網羅している分野が広いので、原則的に研究室での研究内容から大きく逸脱する企業を指定されることはなかったかな~

まぁ、社会人経験のない人が、リクルートやマイナビからもらえる企業の資料(20年前は冊子が家に届いていた)や、ネットのホームページ等から得られる情報だけで自分に合った企業なんて判断するのが難しいと思うので、他人から指示されたほうが楽だという一面もあった。

まぁ、これだけだったら問題はないと思うんだけど、教授に指定された以外の学科に推薦枠がないような企業を受験したいと言ったりしたら、一切のサポートはしないと脅されていたので、最近のハラスメント事情に合わせると問題になりかねないな~と思ったりする。

他の学科の場合はそこまで厳しくなく、自分の受けたい企業を受けたりできたので、大学内全てが強引ではなかったし。

その強引な教授の研究室は、今で言うブラックな研究室としては有名で、研究室に布団を持ち込んで研究室で寝泊まりするのは当たり前な研究室で、中間発表とかでは、研究室OBの企業でバリバリ活躍している人を呼んで、プレッシャーを与えまくるという噂を聞いたりした。

このあたりは見方を変えると、社会人になって企業で技術者としてバリバリ活躍できるような人材を育てるという方針らしい。

4年になるときの研究室の配属は事前に第5くらいまで希望を出したけど、希望が集中した場合は成績順で決まると言われていたんだけど、その研究室は前述のブラックな噂から敬遠する人が多かったと思う。

で、自分が配属された研究室は人気がある方だったんだけど、その強引な教授の研究室に配属された実家がお寺の人がいて、教授に「お寺を継ぐので就職しません」と言ったら「就職しないやつはいらない」ということで研究室を追い出されて、自分の研究室に入ることになったと言うようなことも有った。

このエピソードも追い出された人がこの研究室で研究したいという希望を出して入ったのに就職しないという理由で追い出したとしたら、今だと問題になっていたかもしれない。

しかし、教授と考え方が合わないということになるので、追い出されなかった場合でも途中で自分から辞めていくということになっていたかもしれないので、最初に追い出してくれたのは良かったとも言えなくはないんだよね。

今となってはその教授も辞めているし、自分のいた学科とかも再編で良くわからなくなっているので、今はどんな感じかは知らないけど、ブラック研究室とかで検索するともっとやばいのとか出てくるみたい。

まぁ、こんなことを思い出したよ~というお話でした。


ということで、今回は年末年始休暇の記録。

水曜日は、10時過ぎに起きた。

前日の夜に、新作オリジナル曲の「find the future light」の動画を作成が完了して、投稿する時にYouTubeは水曜日の11時に時刻指定して予約投稿した。

で、ニコニコ動画の方も予約投稿を…と思ったら、予約投稿はプレミアム会員限定で、今は一般会員だったので、投稿作業を途中で中断。

動画のアップロード後、情報を入力する際に中断を選択でき、中断したものは削除しない限り投稿作業を再開できるので、YouTubeの公開された後に投稿作業を再開して無事公開した。

その後、昼食とスーパーへの買い物のため出かけてきた。

昼食はガストで、冬のビーフフェアというものが開催されていたので、その中から牛鍋を選んで食べた。

帰ってきてからは、ゲームなどしてダラダラしていた。


木曜日は、10時過ぎに起きた。

先日出かけたので、出かけることなく家でダラダラして過ごしていた。


金曜日(大晦日)は、11時過ぎに起きた。

風が強かったけど、昼食のためにイオンタウンへ。

最初はバーミヤンで食べようかと思ったんだけど、12時を少し過ぎた時刻だったせいか待っている人がいるみたいだったので、あきらめてマックへ。

グラコロ2種類を注文して、2021年最後のグラコロを堪能してきた。

帰りにスーパーに寄って買い物してきた。

帰ってきてからは、ブログの大晦日の記事を書いたりゲームをしたりしていた。

年越しは、YouTubeの生配信を観ながらしていた。

その後も、ダラダラゲームをしたりして4時頃に寝た。


土曜日(元旦)は、11時前に起きた。

少しダラダラした後、ブログ記事を書いたりして、昼食を食べてダラダラ過ごしていた。

夜から深夜にかけてはYouTubeの配信を観ていた。

配信が5時過ぎまであったので寝たのは5時過ていた…


今日は、12時頃起きた。

少しダラダラした後、自転車で出かけた。

約10年くらい前から大体毎年1月2日に初詣として行っている自転車でよく行くヤマダ電機の方面にある愛宕神社に初詣をしてきた。

人は多少いた感じ。

去年と同じで手水や賽銭箱の上の鈴を鳴らす紐などは無かった。

サクッとお参りをした後は、昼食のためにマックへ。

2022年最初のグラコロとチキンマックナゲットを食べてきた。

その後は、ヤマダデンキに寄って、何を買うわけでもなく店内を見ていたのだけど、自転車につけているサイクルコンピュータ(といってもすごい安いやつ)の電池が無くなりそうだったので、その電池を購入した。

その後、トイザらスに行った。

バンダイナムコの株主優待でもらったはいいけど使わずに貯まっていたこども商品券6000円を使いたくて、Switchのソフトでも買おうかな~と見てたら、ポケモン ダイパリメイクが5999円(税込み)だったので購入した。

こども商品券はお釣りが出ない規則で、お釣りが発生する場合はお釣りを受け取らなければ問題ないと思っていたんだけど、レジの担当の人がそれはできませんということで、5500円分は商品券で払って499円は現金で払おうと思って現金を用意していたら、レジの担当の人が支払い作業を進めないのでどうしたのかな~と思ったら、上(責任者)の人を呼んで確認をとってくれていた。

上の人は、釣り銭を渡さなければ問題ないという判断で、最終的には全部こども商品券で支払うことができた。

何か、レジの仕様上レジから釣り銭が排出されるようになっていて、1円が排出されていた。

まぁ、こども商品券のサイトでも「お釣りは出せないから、額面と当額にするか、額面以上の支払いで現金と併用しろ」と書かれていたりする(ただし、お釣りはいらないから額面以上をこども商品券で支払ってはいけないという記載はなかった)ので、自分のような人はほぼいないのかと思う。

まぁ、今回は釣りが1円だったので、こども商品券を現金化するよりはすごいマシだと思ってやったけど、お釣りが100円以上あったら、一分現金で支払いしてたかな~

自分の行くトイザらスはゲーム売り場は完全にプレステ系は無くなってしまっていたので、来年以降は株主優待でこども商品券を選ぶ(複数から選択できる)のはやめようかな~と思ってたりする。

ということで、積みゲーがまた1つ増えたw

帰ってきてからは、ゲームをしたりしていた。


来週は、火曜日まで休みで、また週末も3連休なのでまったりやり過ごしたい…
タグ : 日記

■あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます

昨年は、このブログ、YouTubeやニコニコ動画での音楽作品へのアクセスありがとうございました。

また、リアルやオンラインでお付き合いのある方々もありがとうございました。

今年の年越しは、YouTubeの配信を観ながらだらだらしてました。

録音したラジオ番組のタグ情報などを編集したり、23時過ぎに麻雀ゲームのノルマポイントを貰って無いことに気づいて、急遽東風戦2回やってましたw

その後は、ダラダラして3時過ぎにベッドに入って、コミックを読んで4時頃寝たかな~

起きたのは11時前で、少しダラしてからこの記事を書いている。


それでは、惰性という恒例の今年の方針。

去年と同じで、基本は現状維持を目標にしつつも、やりたいことをやっていくかな~

現状維持は成長しないから良くないと思われがちだけど、この歳で老化していくことを考えると現状維持をしていくのも大変な部分もあるので、意外と大変だと思う。

細かいことは書こうと思えば書けるけど、頭の中にある漠然としたものが具体的になるのでいいのかもしれないけど、1年でやりきれないくらいやりたいことを書いたりして結局できませんでしたになる未来が見えているのと、ここで書いたことに縛られてしまうので書かないでおく。

ということで、簡単でしたが新年の挨拶とさせていただきたいと思います。

みなさんにとっても、自分にとっても、良い1年になることを心からお祈りしています。
タグ : 日記 新年

■さよなら2021年

今年も大晦日。

なんとなく惰性で続いている1年の振り返り記事w

今年もまだコロナ禍が続いていたのだけど、ほとんど遠くへ出かけない生活だったな…

ここからは去年と同じ様に、趣味と仕事とその他について書いていこうかな。


まずは趣味。

趣味は、変わらずゲームと読書とDTMの3本立て。

ゲームは、相変わらずあつまれどうぶつの森は続けてるな~

イベントとか村人とかの交流は全くせずに、基本岩を叩くのと、家具などを集めたり、たまに島を整備したりするくらい…

他にプレイして(る)たのは、新作だと「モンハンライズ」、「戦国無双5」、「ダンジョンエンカウンターズ」、「Voice of Cards ドラゴンの島」、「やわらかあたま塾」とかかな。

他には、「FF7 HDリマスター」もプレイしたな~

オンラインは「ドラクエX」、「FF14」ともに続けているけど、「ドラクエX」の方の比重が高くて、「FF14」はちまちまプレイしている。

スマホゲームは、「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか~メモリア・フレーゼ~」と「ドラクエウォーク」を続けているなか、「ドラゴンクエストけしケシ!」を始めてみたけど、毎日継続してプレイではなくたまに気が向いたらプレイする感じになっている。

あとは、昨日「砂の国の宮廷鍛冶屋」をやっとクリアした。

これは、後にSwitchやPS4に移植されているんだけど、その前にスマホ版を購入して気がついた時にちまちまプレイしていたんだけど、そろそろクリアしておきたいということで、ここ数日集中してプレイしていた。

スタッフロール後の裏ボスみたいなやつは、こちらのレベルがカンスト近い状態なのに全然歯が立たなかったのであきらめたw

来年は、先日延期が発表された「ドラクエX オフライン」、「トライアングルストラテジー」は予約しているので楽しみだな。

他には色々積みゲーがあったりするので、そちらも消化していきたい。


読書は、読書メーターに記録した数が143冊で、去年の振り返り記事では150冊以上読んだと書いてあったので、少し少ない感じかな。

読書メーターの履歴をちょっと見た感じだとコミック多めかも。

コミックはそんなに新しいものを開拓していないけど、小説は「アルスラーン戦記」や「これはゾンビですか?」を読み始めたりした。

その他だと、家計簿ソフトをMS MoneyからGnuCashに移行するにあたって簿記入門の本を読んだり、少しずつ読み進めていた「作詞の勉強本」というのも読み終えたな。

来年も引き続き読書も続けていきたい。


DTMは、今年はオリジナル曲2曲、カバー曲3曲の計5曲を公開した。

あと1曲、リミックスコンテストにリミックスした曲をSoundCloudに投稿した(投稿がエントリー)ので、実質6曲制作した。

カバー曲は、ちょっと気分転換に華原朋美の曲を公開したりしていた。

平沢進系の曲は耳コピするのが面倒で挑戦しなかったw

もっとたくさん作りたい気はあるんだけど、集中できるまとまった時間となると、休日前の深夜になってしまうのと、他にもやりたいことがあるので、うまく兼ね合いをとれるといいな。

あとは、1曲を作る時間を短くすることだけど、仕事ではないから過度な生産性の向上とかはしたくないかな~

あ、そうそう、作品を公開しているYouTubeのチャンネル登録者数が100人を超えました!

12月31日14時30分時点では103人。

「~」が入っているので名前では検索しにくい(YouTube内では問題ないけど、Yahoo!とかでは「~」は検索できない)のにw

まだ登録してない方は、公開している作品の中にいいと思うものがあって、気が向いたら登録してやってくださいw


仕事は、今年も在宅勤務は継続されて、会社に行ったのはほんの数日だけだった…

4月にまたまた部内で異動があって、同期が直属の上司になったw

やっていることは、昨年度の下期後半に始めたことからあまり変わらず、その作業を依頼していたチームに異動した。

まぁ、マイペースでできるので来年度も継続して続けていければいいと思うんだけど、それは上がどうするか決めることだからね。


その他は、今年も夏季休暇の旅行ができなくて残念。

来年は大丈夫かな~と思いつつも、オミクロン株のせいで感染者が増えてきているのでどうなんだろう…

あとは、30年振りくらいに眼科に行ったら、網膜裂孔でレーザー手術したことかな~

とりあえず定期的に眼科に通うようになったけど、40代過ぎたら他にも緑内障とかが発症しやすくなるから、定期的に検査はしといたほうがいいみたいなので、40代過ぎた人で全然眼科に行ってなかったという人は行ってみてはいかが?

目の病気は命に直接関わるものはあまり聞かないけど、その分悪化した時に生活の質が一変してしまうのでね。

と、つらつら書いていたら長文になってしまった。

ということで、このあたりで2021年の振り返りは終わりにしようと思う。

来年も変わらずにくだらない文章がかけると良いなと思っているけど、仕事をマイペースでできるようになった分、面白い話題を提供することができなくなってるんだよなw


2021年はこのブログにアクセスして読んでくださってありがとうございました。

それでは、皆さん良いお年を!
タグ : 日記

カレンダー

12 ≪│2022/01│≫ 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

ひ~た

Author:ひ~た
しがないサラリーマン
趣味でDTMとかやっています
詳しいことはwww.hi-ta.com
Twitterのつぶやきはこちらhttps://twitter.com/Hi_Ta

カウンター

検索フォーム

amazonアソシエイト















 Amazon.co.jpアソシエイト

Twitter

RSSリンクの表示

最新記事のRSS

QRコード

QR