fc2ブログ
■2023年09月

■2023年9月24日

今週は、月曜日と金曜日が休みだったので、3日在宅勤務だった。

月曜日は敬老の日で休みなのはわかっていたんだけど、金曜日が土曜日(会社は休み)の秋分の日の振替休日で休みになっていた。

これまでも、土曜日に祝日になることは多々有ったけど、大体がゴールデンウィークを連休にするためだったり、年末年始休暇を長くするために振替出勤となっていることが多かったので、今回もそうなんだと思って見逃していた。

月末に来月の在宅勤務とかを記入するときに見ているはずなんだけど、基本は在宅勤務でコピペしていたので見逃していたw

月曜日は、基本ダラダラ過ごしつつも前日の平沢進のライブについてのブログ記事を書いたりしていた。


仕事は、そんなに作業が発生しなかったのでまったり時間は多めだったかな。


フリートークは、「高度な文明はほとんど痕跡が残らないのではないか」について。

オカルト(?)的な話で、今の人類文明は何度目かの文明で、何度か文明が発達しては滅んでを繰り返したのではないかというのがある。

で、その高度な文明の痕跡が残っていないのは、文明の発生から滅びるまでの周期が途方もなく長いというのもあるのかもしれないし、現代の科学では解明できない部分が大きいからというのもあるのかもしれないけど、現代の文明もこのまま発展していくとある時期から滅びる直前までの記録は殆ど残らない可能性がある。

現在過渡期であるデジタル化、これが進むとほぼ全ての情報が電子データとなってしまい、紙などの実体として残るものが無くなる可能性がある。

後世、記憶媒体の化石が発掘されても復元はできない可能性が高い。

また、環境に優しい世界が実現して、建築材料も時間の経過やある処理を行うと土などに還るような素材でも巨大建築ができるほどの強度をもつ素材が発明され、日用品なども全て土に還るような環境に優しい素材で製造できるようになる可能性がある。

そうなると、都市の遺構みたいなものも発見されなくなってしまうと思われる。

残るとしたら、大規模なトンネルとかになるのかもしれないけど、文明が滅びて再び発生して古代の解析をする頃には地殻変動とかで跡形も無くなっていたりしそうだな。

ナスカの地上絵は、2000年~1200年ほど前のナスカ文化の時代に描かれたと言われているけど、過去に発達した文明が残したものだったりしてねw

そうなると、文明が発達しては滅んだのが何回か繰り返されているというのはわかりにくいな~

でも、このまま電子化とエコが進むと、何らかの断絶があると直前の技術が失われる可能性がある。

職人技として人間同士で継承されている技術は残るけど、人間に頼らずに機械で実現したために人間の技が不要な技術は再現不能となる可能性が高い。

現在でも普通に現在の技術ではピラミッドを建設することができなかったりするしね。

とりあえず自分が生きている間にそういうことはないと思うけど、はるか未来はそうなっているかもと思うと面白い。


ということで、週末の記録。

金曜日は、11時過ぎに起きた。

少しして昼食などを買いにコンビニとスーパーに行ってきた。

帰ってきてからは、WiiUを売るために初期化をした。

PS4やWiiUを本やDVDなどと一緒に買取りに出そうと思い準備。

WiiUは完全にSwitchに移行したからで、PS4は起動に時間がかかるのと、やりたいゲームがなくて1年以上起動していなかったので手放してもいいかな~となった。

PS4は木曜日に初期化済み。

自分の場合は過去のゲームってあまりやらないんだよね。

新しいやりたいゲームをやるので精一杯だったりする。

とは言いつつも、リメイクとかリマスターが出たときには懐かしいと思って購入してプレイすることはある。

なので、昔のゲーム機をわざわざ出してきてセッティングしてプレイするのが面倒というのが正しいのかもしれない。

夜から深夜にかけてもダラダラ過ごしていた。


土曜日は、11時過ぎに起きた。

天気が微妙だったけどホームセンターに行ってPS4やWiiUを梱包するためのダンボールを買ってきた。

ついでに昼食も食べてこようかと思ったけど、天気が微妙で、購入したダンボールが濡れたら嫌なので、まっすぐ帰宅して家で昼食を食べた。

近くのゲオが閉店してしまったし、自分は車の免許もないので重いものを運ぶのは大変なので、買い取りはネットオフで集荷してもらうことにした。

これまでも何度も利用しているのだけど、ソフトや本とかもついでに箱に詰めて、集荷の申し込みをした。

夜から深夜にかけては、基本ダラダラしつつ年賀状の手配を済ませた。

Unityの料金改定問題も修正案が発表されてマシになった感じで、削除されていた規約も復活したりして、とりあえずUnity人口がそんなに減らないのかなとなった(信用は無くなっているけど)。

ということで、Unityを使い続けてもいいかな思ったので、Unityで縦スクロールシューティングゲームのプログラミングをシても良かったんだけど、昼間に箱詰め作業をやってい疲れたのかやる気が起きなかった。


今日は、11時30分ごろ起きた。

少ししてから自転車で出かけて、バーミヤンで昼食。

武蔵野麻婆に半チャーハンと唐揚げを付けて注文した。

帰ってきてからは、ドラクエXをしていた。


来週は、これと言った予定は無いかな~

なんとかやり過ごしたい。
スポンサーサイト



タグ : 日記

■平沢進+会人 HYBRID PHONON 2566(東京公演)

今日は、東京国際フォーラム ホールAで公演された、平沢進のライブ「平沢進+会人 HYBRID PHONON 2566」に行ってきた。

この「平沢進+会人 HYBRID PHONON 2566」は、平沢進ソロ、P-MODEL、核P-MODELの楽曲を混ぜて行うというコンセプトのライブ。

平沢進ソロのインタラクティブライブではない普通のライブの場合、2007年から「PHONON 25◯◯」(「25◯◯」は仏暦)という名称になることが通例となっている(一部例外あり)。

また、平沢進ソロ以外も含めた普通のライブということで2014年に「平沢進×核P-MODEL HYBRID PHONON」というライブも行っており、今回は、平沢進ソロ、P-MODEL、核P-MODELの楽曲を混ぜてライブを行うということから、「平沢進+会人 HYBRID PHONON 2566」という名称になったと思われる。

9月8日、9日に大阪で公演があって、9月17日に最終公演が今回東京国際フォーラム ホールAで公演された。

すべての公演は配信も行われており、公演終了1週間はアーカイブ視聴ができる(チケットの購入は6日後まで)。

自分は、大阪2公演目が終了した後、チェックリストを比較して、観たい曲があったのが大阪の1日目の公演だったので、大阪の1日目の公演は配信チケットを購入して観た。

注意:ネタバレが含まれている部分もあると思いますので、配信を新鮮な気持ちで見たいいう方などはこの先は読まないでください。


会場での物販の待機列がすごかった。

元々13時30分から物販開始のアナウンスが有ったんだけど、Xなどの情報によると12時の時点ですごい列になっていた模様。

メモリアルカードだけ買えたら買おうと思っていた自分は、開場17時30分だったので、16時過ぎに有楽町駅に到着。

東京国際フォーラムに到着すると、すごい長い待機列が作られていた。

どうせ何処かで開場まで時間を潰すのだし、グッズの待機列が開場時間になると入場の待機列に移行するのがお決まりなので、とりあえず列の最後尾に並んだ。

開場は、ほぼ時間通りに行われて入場して、開演まで時間があるしグッズの列に並んでみるかと思って列に並んだんだけど、ホールの階段まで伸びた長い列に並んでいることがわかったので諦めて座席に向かった。

座席は1階の前後左右ともに真ん中辺りで、目の前に機材ブースが有った。

半分は配信用のカメラ切り替えなどを行っていたようで、もう半分は音響だったのかな(こちらはよく分からなかった)。

ステージ構成は、大阪公演とほぼ同じだと思われる。

背面に今回のライブのロゴと、ロゴの左右に縦長のLEDモニター(以前のライブでも使用されていたものだと思われる)が配置され、ステージ左右にサポートメンバーの会人のブースが有り、演出で使用するライトも左右1台ずつ設置されていた。

背面のロゴの下は演者が登場できるようになっていたり、とある曲での演出のためのスペースになっていた。

中央が平沢進のブースで、全面にレーザーハープがあり、脇にギターを置くスタンドが設置されていて、計4本(だったかな? 赤、ピンク、青のEVO3本とロケット用のアコースティック(だと思われる))のギターが置かれていた。

EVOギターは、P-MODELの曲の際はピンク、ソロは赤、核P-MODELは青の物を使用していた。

開演は10分ほど遅れた。

出囃子の途中で会人が現れ、ライブの所々で行われることになる平沢進ソロ、P-MODEL、核P-MODELのどのカテゴリーの曲を演奏するかを示す演出が入る。

この演出は、平沢進ソロは赤、P-MODELはピンク、核P-MODELは青をシンボルカラーとしており、最後に光った色(会人ブースのライトもこの色になる)のカテゴリーの曲が3曲ほど演奏される。

で、最初はピンクだったのでP-MODELの曲で、「DUSToidよ歩行は快適か?」「おやすみDOG」「偉大なる頭脳」が演奏された。

DUSToidよ歩行は快適か?」では最初モニターに「サケバナイ」と表示されていた。

これは、大阪1日目の最初の曲「BIIG EYE」(原曲では、セクションごとに「SHOUTING」、「SINGING」、「SCREAMING」という英語の合成音声が入っており、大阪1日目の際には「叫ぶ」とか日本語になっていて、最初が「叫ぶ」だった。大阪2日目は観てないのでわからないけどセットリストでは核P-MODELの曲が1曲目だった)に対するものだと思われる。

おやすみDOG」はここ最近のテクノアレンジな感じ。

偉大なる頭脳」は、多分新アレンジで歌詞も変えていたけど聞き取れなかった。

その後は、演出が入り赤のライトが光ってソロ曲の「BEACON」、「ロケット」、「TIMELINEの終わり」を演奏。

BEACON」、「TIMELINEの終わり」は新し目の曲なので原曲アレンジで、「ロケット」は新しいアレンジになっていた。

で、再び演出が入り、核P-MODELの青になると思いきやピンクでP-MODELの「時間等曲率漏斗館へようこそ」、「1778-1985」、「Zombi」を演奏。

時間等曲率漏斗館へようこそ」は大阪1日目では間違えた箇所があったけど、今回は間違えること無く歌いきっていた。

1778-1985」、「Zombi」は今回のライブで新しいアレンジになっていて、「1778-1985」は大きく歌詞も変更されていた(「Zombi」はわからない)。

この後は、ライトの演出はなくモニターでの切り替え演出だったと思う。

一度、青になって核P-MODELかと思ったら赤に変わってソロの「LANDING」、「賢者のプロペラ-1」を演奏。

どちらも原曲アレンジだったと思う。

LANDING」では、ステージの奥ロゴの下のスペースで、暗い中で平沢進が移動して会人がライトで映すと瞬間移動しているように見える演出をしていた。

その後は演出はどちらだったか覚えていないけど、青になって核P-MODELの「HUMAN-LE」、「暗黒πドゥアイ」、「白く巨大で」を演奏。

これも全部原曲アレンジだったと思う。

HUMAN-LE」では会人の寸劇みたいなものが見られた。

暗黒πドゥアイ」のときに、最初ピンク(P-MODEL曲で使用)のEVOギターを手にしていて、気づいて青いのに持ち替えていた。

この後は、確か演出は有ったと思うけど赤になってソロとして「Monster A Go Go」、「Lotus」、「Another Day」を演奏。

Monster A Go Go」は、P-MODEL名義で「ON PATTERN」の後に制作される予定だった「MONSTER」というアルバムに収録される予定だった曲で、ライブバージョンがCDBOX「太陽系亞種音」に収録されていたのでP-MODELセクションじゃないのかな~と思ったりした。

Lotus」は少しアレンジが入っていたかな。

Another Day」は、P-MODELの曲をセルフカバーした「突弦変異」バージョンだったのでソロセクションでも問題ないかな。

で、本編は終了し、アンコール。

MCと会人の紹介の後に「パレード」を演奏。

原曲アレンジだったと思う。

会場だとドラムが鳴っている間は低音がすごくて歌が聞きにくかった。

終演後にメモリアルカードが買えるかな~と思ってグッズ売り場の方を見たらかなり並んでいたので諦めて帰宅した。


個人的には、生で「ロケット」、「時間等曲率漏斗館へようこそ」、「Zombi」が聴けて良かったかな。

MCでギターアルバムが完成して、次の歌モノのアルバムの制作に取り掛かる少しの間にライブを行ったと言っていたので、新作とそれを引っ提げたライブがあると思われるので楽しみだ。

ただ、ファンクラブとかでもライブのチケットが抽選になって取りにくくなっているので、次回のラブもチケットが取れるのかが不安。

■2023年9月17日

今週は、金曜日に休んだので、4日在宅勤務だった。

仕事は、多少作業が発生したけど、まったり時間は多めだった。

あとは、半期に一度の棚卸し作業の依頼が来た…

しかし、3月に行った棚卸し作業の日(この時初めて依頼されて行った)が、期末の平日だったので、先に休暇を取得すると宣言しておいたことにより回避したw

今の部署は、月末辺りに次の月の在宅勤務などの暫定予定を記入することになっていて、休暇の取得予定も記入できる(後から変更は可能)ので、この記入をするときに上司に休暇を取得することをメールしている。

なので、「この日は休暇を取得するのでできません」と回答して、棚卸し作業を回避した。

下期末も多分こちらに依頼が来るから、この技を使って棚卸し作業を回避しようかと思っている。


フリートークは、「Unity Runtime Fee」について。

9月12日にゲーム開発エンジン「Unity」の開発元であるUnity Technologiesが、2024年1月1日より、「Unity」に対してゲームのインストール数を基準とする「Unity Runtime Fee」を導入した新たな料金形態へ移行することを発表した(参考記事「Unity のプランの価格設定とパッケージの更新(Unityブログ)」、「Unity、「Unity Runtime Fee」を2024年1月に導入。一部ユーザーは実質値上げ(GAME Watch)」)。

で、この発表が開発者(社)から猛反発を受けて騒動となっている。

何故開発者(社)から猛反発を受けているかというと、「Unity Runtime Fee」がインストールされるごとにカウントされることと、Unityで作られるゲームの傾向が大きいと思われる。

Unityがゲームのインストール数に応じて利用料を徴収する新体系を発表 開発者たちから猛反発を受ける(IGN Japan)」によると、「Unity Runtime Fee」はUnityで制作されたソフトは「Unity Runtime」が同梱されており、このダウンロード(インストール)数に応じて料金を課そうとしているのだけど、プレイヤーが一旦削除して再インストールした場合や、Steam等だと複数の端末にインストールが可能で各端末にインストールするごとに料金が発生するとしていたことにある。

これは、普通のゲームでも痛手だけど、Unityで作られる傾向にあるスマホゲームにおいては、基本無料で配布し、最初のガチャでリセマラの際にはアプリの再インストールが必要なものもある。

そうなると、インストール数のカウントがゲーム内課金での利益以上になって赤字になってしまう事象が発生しかねない。

ただ、上記記事では一部見直しをしていて、料金が発生するのは初回インストールのみ(ただし別端末は別カウントみたい)だったり、Xbox Game Passの様なサービスを介したインストールに関しては。開発者では無くプラットフォームホルダー(Xboxの場合はマイクロソフトだと思われる)にかかる等発表しているそうだ。

その他にもやらかしていて、「Unityが利用規約の変更を記録するGitHubリポジトリをひっそり削除していたことが判明(Gigazine)」によると、「Unityのバージョンを更新しない限り、更新された規約は使用しているバージョンに適用されない」という旨の記載があったのが削除されてたりするそうだ。

Unity Technologiesは、「顧客の9割は影響を受けない」としているけど、Unityの使用をやめると発表する開発者(社)がいたり、Unityで開発していたゲームの販売を2023年12月31日で停止すると発表した開発者(社)がいたりする。

大ヒットしているスマホアプリの中にはUnityを使用しているものも多く、今後どうなるかは見ていきたい思っている。

で、自分も最近Unityをいじっているんだけど、他のゲームエンジンに移行した方がいいのか悩んでいる。

自分の場合、「Unity Runtime Fee」を支払う状況になることはないと思う。

しかし、Unityから離れていく開発者(社)が大量に発生した場合、Unityの維持メンテナンスができなくなって、Unityが消滅という可能性も無くはないので、それなら別のゲームエンジンを覚えたほうがいいかなと思う。

Unityと双璧をなすUnreal Engineは、100万ドルを売り上げた後にのみ5%のロイヤリティを課す仕組みなので、自分の場合は無料で使用できるのだけど、リアルな3DCGバリバリなゲームに使用されることが多いことからもわかるように、自分にはオーバースペックすぎるんだよね。

ちょっと調べた限りでは、初心者には難しい部分も多いらしい(Unityは初心者にも扱いやすい方みたい)。

その他では、Godot Engineというのがフリーでオープンソースなので使用料とかも発生しなくていいかな~と思って調べている(ただ日本語の情報は少ないというかUnityがすごく多かっただけかな)。

Godot EngineのメインはGDScriptというPythonに似た言語を使用するのだけど、C#でも開発できる(まだ発展途上みたい)Godot Engine .NETというのがあるので、Unityからのソースの流用もやりやすいかもと思ったりしている。

まぁ、しばらくは様子見かな~


ということで、週末の記録。

金曜日は、11時頃に起きた。

少しダラダラしてから、昼食を食べにガストに行ったんだけど、その前にミニストップでみずほ銀行のキャッシュカードでお金を下ろそうとしたところ、カードを差し込むと「このカードは使えません」となって、下ろすことができなかった。

何にもしてないのにカードが止まったとか、口座が凍結されたのかとか思ったけど、みずほダイレクトのアプリを起動してみても口座が凍結された形跡はなかった。

で、カードが止まったのかと思って、セブンイレブンガストへ行く途中にあるセブンイレブンにも寄って、セブン銀行のATMで残高照会(引き出しは手数料がかかるので)をしたら、暗証番号を要求され問題なく処理ができた。

そうなると、ミニズトップのATMとの相性問題(?)的なものになる。

キャッシュカードは20年くらい常に財布に入れて持ち歩いていて表面はかなりボロボロになっているので、磁気などの劣化もありうる。

ただ、今どきのATMはICチップで認証していると思うので、ICの不良ということが考えられるけど、他のATMで問題なかったからな~

みずほ銀行のホームページで確認したら、汚損の場合の再発行は無料でできるみたいなので、使えないATMが複数出てきたら再発行してもらおうかと考えている。

ちなみにみずほ銀行のATMを使用時に磁気が劣化しているときは検出して自動修復てくれる機能が発動して修復できるみたい(できない場合もあり)(「キャッシュカードの磁気を修復したい(みずほ銀行)」)。

ガストでは、チーズINハンバーグを食べた。

帰りにスーパーに寄って買い物して帰ってきた。

午後は、ダラダラ過ごした。


土曜日は、11時30分ごろ起きた。

昼食は家にあるもので済ませて、午後はダラダラ過ごしていた。

夜は、本当ならUnityで縦スクロールシューティングゲームのプログラミングと行きたかったんだけど、フリートークで書いた事があったので、このまま続けるかどうか悩んでいた。


今日は、11時頃起きた。

昼食を食べて、14時過ぎに家を出て有楽町の東京国際フォーラムの平沢進のライブに行ってきた。

ライブについては、別記事でブログに書く予定。

帰りに、大宮の吉野家で夕食。

期間限定の親子丼を食べてきた。

玉子がとろとろで美味しかった。

22時過ぎに帰ってきて、風呂に入った後にこのブログを書いている。

これを書き終わったらドラクエXの日曜日の日課をやろうかな~


来週は、とりあえず明日も休みなこと以外は、これと言った予定は無いかな~

なんとかやり過ごしたい。

タグ : 日記

■2023年9月10日

今週は、5日在宅勤務だった。

仕事は、担当している作業がそんなに発生しなかったので、まったり時間は多めだった。


フリートークは、「お礼メール」について。

お礼メール」というのは、何かを問い合わせ等をして回答をもらった後に、お礼だけを返すメールのこと。

自分はプライベートでメールを送ることは少ないので、主に仕事での話になるかもしれないけど、まずはプライベートに関して。

プライベートでメールをやり取りする友人や知り合いなどはほぼいないのだけど、個人同士だった場合は、「お礼メール」はすると思う。

個人同士でない場合は、会社に問い合わせをする場合がほとんどかな。

自分の場合は、購入したUSBハブが壊れて返金してもらったとか、自分のgmailで知らない人がなにかのサービスに登録してそのメールが届いた時に必要そうであれば問い合わせをする。

最近だと、関西地方のメンズエステ(風俗だと思われる)の予約確認メールが届いたので、勝手に登録されたと問い合わせたw

このような、企業相手の場合は最後に対応してくれたお礼のメールを送ることはない。

これは、企業のサポート窓口は問い合わせがたくさん来るかどうかはわからないけど、追加で対応することがないメールを見るという時間が無駄ではないかと思うので送らない。

これは、自分の仕事で依頼されて事務的な作業をして対応した際に、お礼だけのメールが来ると、自分は最初に「何か足りいことがあったかな?」という不安感を最初に抱くから、無い方が精神的にはいいという思いがある。

一方で、仕事でも個人間だったり、何かを質問して回答をもらった際は「ありがとうございました」というお礼のメールは送る。

ただ、社内でもサポート窓口みたいな所の場合は、お礼だけのメールは先程の事があるので送らない場合もあるかな。

あとは、たくさんメールを受信している上司とかに対しては、お礼ではないけど「◯◯をしてください(上司)」、「わかりました。どんな感じで?(自分)」、「□な感じで(上司)」の後に「わかりました(自分)」だけのメールは送らないようにしている。

この際に、納期とか確認しないといけないことが有った場合は、「わかりました」と一緒に納期の確認を行うけどね。

メールをたくさん受信する管理職は、メールを読み飛ばすことが多いので、あんまり内容のないメールを送っていると優先順位を下げられて重要なことを記載していても見られないこともある。

と、お礼メールから逸れてしまったので戻すけど、一応基準は設けているんだけど、後で見てみると「返しといたほうが良かったのかな~」と思ったりすることもある。

これは、メールを送る人の書き方で、お礼を返す基準になりそうな人とそうでない人がいるので、偏りが生じたりするんだよね。

まぁ、会社内の場合は自分の場合はそんなに密な付き合いはしていないので、そんなに気にしなくていいのかもしれないけど…

人によっては、根回しとか助けが得られないとかあるのかもしれないので、気を使う必要はあるかと思う。


ということで、週末の記録。

土曜日は、11時頃起きた。

金曜日の台風の雨が土曜日にも続くと思ったら、そんなことはなく雨は降らなかった。

昼食は家にあるもので済ませて、14時過ぎにレンズの交換をお願いしていた眼鏡を取りにメガネ店に行ってきた。

受け取り時に一度かけて確認するんだけど、今している眼鏡のレンズと同じものにしているので見え方はほとんど変わらなかったのと、レンズなどの扱い方についての説明は先週受けているので、そんなに時間もかからずあっさり終了。

とりあえずの予備用だけど、フレームはまだまだ綺麗なので、気分によって付け替えるとかしてもいいとは思うのだけど、そこまでこだわりがないし、面倒なのでしないかなw

あえてやるとすれば、予備用のフレームは8年目なので、汚れたり壊れてもいいような場面で使用するとかかな。

夏場は汗をかきやすくてメガネのレンズに汗がついて(日焼け止めを塗っていると日焼け止めの成分も入っているので)、レンズのコーティングを痛めやすそうなので、夏場は古いメガネの方を使用するとかになるかな~

帰りにスーパに寄って買い物をして帰ってきた。

帰ってきてからはDTM作業をしていた。

先週の日曜日に、某サイトで4年振りに過去2回応募したことがあるあるリミックスコンテストが開催されるというのを知り、どうしようか悩んだ挙げ句応募しようかと思い制作をしていた。

今回は、締切が9月20日と2週間半しかない(過去2回は2ヶ月位期間があった)ので、見送ろうかと思ったけど、気分転換にいいかなということでやることにした。

曲は4曲あって、全部BPM160のユーロビート調の曲だったんだけど、ユーロビートはほぼ聞かないし作れないので、リミックスする曲を選ぶ時に短編的に聞いたくらいで、曲のコード解析以外の時に提供されたシンセトラックを解析ツールに組み込んで確認する時以外はほぼ原曲を聞かずに作っていた。

間奏は完全に原曲のコード進行を無視して勝手に作り上げて、どちらかというとテクノ調にしていった。

平日もゲームをする時間を多少DTM作業の時間に当てたので、金曜の深夜の時点でほぼアレンジが完了し、土曜日は微調整とミックス作業をした。

作業は、22時30分過ぎに一度中断して、平沢進のライブのアーカイブ配信を観た。

金曜日と土曜日に大阪でライブを行っていて、どちらも配信していたんだけど、ライブ後にセットリストを見て観たい方を観ようと思っていたので、土曜日のライブが終わるまで待ってセットリストを確認して、金曜日の公演をアーカイブ配信で観た。

来週の日曜日には東京公演があり、こちらはチケットを入手したので観に行く予定で楽しみ。

ライブを見終わった後は、再びDTM作業。

マスタリング作業をしつつもおかしいな~と思った部分を確認してみたら、和音をオクターブで重ねた部分で音がぶつかっていると思われる部分を発見して修正して違和感がなくなった。

3音ではなく2音の和音で、コードのもととなる部分とメロディに準拠したものを間を空けて重ねていたんだけど、「ド」と「シ」みたいな感じで和音にしていた部分があって、重ねた結果「ド(低)」と「シ(低)」と「ド(高)」と「シ(高)」となって、「シ(低)」と「ド(高)」が隣接してしまったせいで、不協和音になって違和感を感じるようになっていた。

「ド」と「シ」は離れている場合は、「Cメジャー7th」コード(「ド」「ミ」「ソ」で構成される「C」に「シ」付いている)としてあるので問題ない。

ただ、場合によっては「Cメジャー7th」コードの転回形で「シ」「ド」「ミ」「ソ」でも問題ない場合もあるので、「シ」と「ド」が隣接しているから何が何でもダメだと言えなかったりするんだけどね。

ここらへんはコードの流れとかなのかな?

理論については詳しくないのでよくわからないw

耳で聞いておかしくなければ大丈夫だし、変だと思ったら修正すればいいんじゃないかな?

で、マスタリング作業とかしていたけど4時過ぎたので、中断して寝た。


今日は、11時過ぎに起きた。

少しダラダラしてから、12時過ぎに自転車で出かけた。

9月30日までの株主優待券を使うためにかつやで昼食。

カツ丼(梅)ととん汁(小)を注文した。

かつやは会計時に大体100円割引券を貰えるんだけど、これの有効期限が無記載の場合と記載されている場合があるんだよね。

前回もらったやつは8月31日までの期限付きのやつだったから、今回は割引券無しで払ったんだけど、今回もらったのは有効期限が記載されていないやつだった。

ここらへんの基準はなんなんだろうな~

かつやを出た後は、ミスタードーナツに寄ってドーナツを買って帰ってきた(こっちはモスの株主優待券(ミスタードナツと提携しているので利用可能)を使用した)。

帰ってきてからは、ドラクエXの日曜にやる作業をして、その後はDTM作業で最後のマスタリング作業をしていた。


来週仕事したら3連休。

日曜日は平沢進のライブがあるので楽しみ。

なんとかやり過ごしたい。
タグ : 日記

■2023年9月3日

今週は、月曜日に休んで、他の日に1日出社したけど家で在宅勤務もしたので、4日在宅勤務だった。


月曜日は、病院に行ってきた。

3ヶ月に1回コレステロール値を下げる薬をもらいに行っている所で、7月に受けた会社の健康診断の結果が丁度金曜日に出たのでそれを持っていった。

9時過ぎに到着したときは2~3時間待ちと言われたんだけど、外出していて帰ってきていない人が多くて、1時間30分ぐらいで診察になった。

近くの薬局で薬をもらった後は、大宮のQBハウスで髪を切り、てんやで天丼を食べて、ビックカメラに寄るといういつものコース。

その後にブックオフに行くんだけど、その前に大宮そごう内の書店でC#の本を購入した。

最近UnityをいじっていてC#をよく使うので、紙の本で簡単に調べられるようにしておくのもいいな~と思って購入した。

家に帰ってからはダラダラ過ごした。


仕事は、出社しての作業は1時間程度で終わった。

11時頃出社したので、12時30分頃には会社を出て家に戻って在宅勤務の続きをしていた。

他の日なども作業は殆ど発生しなかったので、まったり時間は多めだった。


フリートークは、「「弁護士で作曲家の高木啓成がやさしく教える音楽・動画クリエイターの権利とルール」を読んだ」について。

7月末にニコニコが楽曲収益化サービスを開始したというニュースがあって、音楽配信だけでなくYouTubeのコンテンツIDと著作権管理までを一括で行える(単品でも可)ということで、Kindleのセールの時に少し安くなっていた「弁護士で作曲家の高木啓成がやさしく教える音楽・動画クリエイターの権利とルール」を購入していたのを思い出して読むことにした。

ニコニコの楽曲収益化サービスは、自分の初音ミクに歌わせた曲も登録できるかな~と思ったんだけど、「初音ミク」というキャラクター名やイラストを使用するに当たっては、初音ミクを販売するクリプトンから許諾を得ないといけない。

他の、楽曲配信サービスでは、サービス側で利用できるような包括契約(利用料を収益から差し引く等)をしているため使用が可能だったりするけど、ニコニコの楽曲収益化サービスには現状そのような契約はないため、「feat. 初音ミク」というような文言を楽曲に付与することはできない。

それなら、「初音ミクの名称を使用しなければいいのでは?」となる。

初音ミクV4Xまでを使用する場合は、利用規約上問題は無いようであるが、自分が最近使用している初音ミクNTに関しては、利用規約で、初音ミクNTを使用している場合、「初音ミク」であることを明記しないといけないとなっている(「初音ミクNTエンドユーザー使用許諾書(PDF)」第2条4参照)ので、初音ミクNTの場合は現状登録できない。

で、少し思ったんだけど、初音ミクなどの歌声合成ソフトを楽器として考えると、この規約はおかしいのではないかと思わないこともない。

生楽器に限らずシンセ(ソフト/ハード)ともに、その楽器を使用した楽曲を発表する際に、楽器名を明記しろとか、許諾を取れとか言うことはないからね。

初音ミクなどの歌声合成ソフトは、キャラクター性を持たせているということで、純粋な楽器とは違う部分があるので、これまでの楽器とは違う側面があるから仕方のないのかもしれない。

また、初音ミクNT以外の歌声合成ソフトの中には、許諾とか使用していることを明記する必要がないものもあるかもしれない(自分が興味がなくて調べてないだけ)。

自分の場合は、他のを使うのが面倒なのと、初音ミクのネームバリューがあるからというので、初音ミクしか使っていないから、とりあえずはニコニコの楽曲収益化サービスについては様子見かな。

で、本題の「弁護士で作曲家の高木啓成がやさしく教える音楽・動画クリエイターの権利とルール」については、音楽と動画に関しての権利と発注を受けた際の契約の仕方(契約書の土の部分を確認しておく必要があるか)についてをわかりやすく解説している。

音楽周りについては、なんとなく知っていた音楽出版社に権利を譲渡する部分についても、譲渡の仕方やJASRACへの信託の種類なども詳しく解説されている。

音楽著作権の内訳(隣接権とか)についてもわかりやすく解説されている。

で、この音楽出版社は楽曲のプロモーションと著作権の管理を行うのが主な業務なんだけど、楽曲のプロモーションがちゃんと行われていないということで、平沢進は楽曲の権利の管理をできるだけJASRACからe-license(現NexTone)に移したんだよね。

書籍では、音楽出版社はJASRACから分配された著作権使用料の33~50%を取得して、残りを作曲、作詞した人(作家事務所に所属している場合は更に事務所が持っていく)に分配するとあり、音楽出版社によっては半分持っていかれるので、それに見合うだけのプロモーションしてもらってないのであれば割に合わないと思うのも頷けるかな。

あとは、平沢進が管理を移したe-licenseの時代はどうだかはわからないけど、NexToneの方が手数料率がJASRACより低いものが多かったり、委託者の裁量による条件設定でJASRACより融通がきく部分もあるみたい(参考記事「NexToneとJASRACはどう違うの?(INTERNET Watch)」)。

初音ミクで歌わせたオリジナル曲を公開を始めた当初は、自分の楽曲の音楽配信とか敷居が高いと思っていたけど、自分がお金を払えば音楽配信できる有料サービスが出て、最近ではニコニコの楽曲収益化サービスの様に無料で音楽配信だけでなく著作権登録まで行ってくれるサービスが出てきたので、アマチュアでも音楽関係のクリエイターは著作権に関しての知識を持っておいた方がいいと思う。


ということで、週末の記録。

土曜日は、10時過ぎに起きた。

11時過ぎに昼食を食べて、少しダラダラした後、14時前に家を出てメガネ屋に行って新しい眼鏡を受け取ってきた。

これまで使っていたメガネのレンズと度数などは変わらない(レンズの会社は違う)ので、見え方とかはほとんど変わらないかな~

その1つ前の眼鏡からこれまで使っていた眼鏡に変えた時は、レンズの度数が少し変わった(メガネ屋で測定したんだけど、「少し度数を押さえました」と言われた)ので、少し見え方が変わったのが多少気になった期間があった。

そして、ついでにこれまで使っていた眼鏡のレンズも同じものに変えてもらうことにした。

単焦点だと5500円+コーティング代なんだけど、単焦点ではないレンズなので2倍の11000円+コーティング代かかった。

メガネ屋でフレームごと購入する際は、レンズ代は含まれているので、単焦点でもそうでなくても値段は変わらずで、コーティング代だけがオプションになるので、レンズだけ交換するのはコスパが悪い部分もあるんだけど、フレームごと買うよりは安くつくからね。

ただ、フレームの破損の可能性がないわけではないので、その際はできるだけフレームを修理して対応する(お金での弁償はしない)ことに同意しないといけなかった(自分は、レンズの交換は初めて)。

出来上がりは1週間後なので、また来週受け取りに行く予定。

帰りにスーパーで買物をして帰って、夕方は病院に行ってきた。

夜から深夜にかけては、DTM作業とUnityで縦スクロールシューティングゲームのプログラミングの2本立て。

DTM作業は、Unityを始める直前に作ろうとした着信音を普通の曲としてメロディを付けて、1曲としてどのような構成にするか決めるところまでをした。

金曜の深夜に作業して、1コーラス分のメロディはできていたので、その時思いついたアレンジを少し付けて、構成をどんな感じにするかを2時間程度で決めた。

この作業の後は、現在寝かしているオリジナル曲の制作に手を付ける予定だったのでちょうど区切りが良かったりする。

その後は、Unityで縦スクロールシューティングゲームのプログラミング。

Unityを起動したら、スコアなどのテキストのオブジェクトの位置がリセット(?)されたのか、前回置いた場所になっていなかったので、まずはそれを戻す作業をした。

その後は、ゲームオーバーの処理を追加する作業をした。

先週書いた、当たり判定が同時に発生する現象による不具合が、自機の残機処理の部分にあったのでその修正をした。

発生条件は限られるんだけど、現在お試しで作っているものだと、複数の敵が重なって1つになる事が可能で、自機がやられて復活した後は数秒無敵の状態になるので、その敵に重なることが可能になっている。

で、無敵状態が終わると、敵と重なっているということで自機が再びやられるんだけど、当たり判定の処理が敵の数だけ発生して、残機をその数だけ減らしてしまっていた(爆発の処理は1回しか無発生しないのに…)。

なので、またまたフラグを条件に追加して対応した。

ただ、フラグ自体は復帰処理を発生させるためのフラグを利用したので、新たなフラグを用意する必要はなかった。

その後は、ゲームオーバーのメニューを表示させるところまでを実装。

メニューの選択の処理などは次回へ持ち越しとなった。

こちらも2時間ほどやったのだけど、頭の切り替えが必要だったので2本立てはちょっとキツかったかな。

やはり片方に集中するか、なるべくインターバルを長く取ってやらないとダメだな。


今日は、12時前に起きた。

外は晴れていたんだけど、スマホの天気予報だと曇り時々雨だったので、出かけずに過ごした。

本当は、有効期限が9月30日までのかつやの株主優待券が1枚残っているので、かつやで昼食を食べようかと思ったんだけど、土曜日も出かけたし、9月30日までまだ間があるからいいかな~と思い出かけなかった。

午後は、いつものようにドラクエXをして、その後は眠たかったので2時間位寝ていた。


来週は、今のところこれと言った予定は無いかな~

なんとかやり過ごしたい。
タグ : 日記

カレンダー

08 ≪│2023/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

ひ~た

Author:ひ~た
しがないサラリーマン
趣味でDTMとかやっています
詳しいことはwww.hi-ta.com
Twitterのつぶやきはこちらhttps://twitter.com/Hi_Ta

カウンター

検索フォーム

Twitter

RSSリンクの表示

最新記事のRSS