FC2ブログ

■access 2020 LIMITED CONCERT SYNC-STR(中野サンプラザ)

今日は、10月10日から始まったaccessのコンサート(ツアータイトルがコンサートとあるので)ツアー(今回のタイトルにはツアーが無いのでツアーと書いていいものかは不明)「access 2020 LIMITED CONCERT SYNC-STR」を観に中野サンプラザに行ってきた。

コロナ禍のためグッズ販売などは無しで、座席によって入場開始時刻が異なる。

座席は2階席の最後尾だったので、入場は最後のグループだった。

座席は前後左右は空席になるような配置で、事前の注意として着席して、発声は控えての鑑賞となっていた。

ステージは、中央上部にミラーボールがあり、そのミラーボールを立方体で包むような感じでLEDのフレームがあった。

ステージ奥は、ミラーボールを囲っている立方体と同じLEDフレームで作ったブースが4つ設置されていた。

このブースには今回のタイトルに有るSTRが示すストリングス担当の方のためのブース。

弦楽四重奏と同じ構成のバイオリン×2、ビオラ、チェロで、左からバイオリン×2、ビオラ、チェロの順番で入っていた。

ステージ中程から前方には、左にシンセブース、右にグランドピアノが設置されていた。

開演はほぼ定刻通り。

リズムとベースが目立つ音数の少ないアレンジの長いイントロで大ちゃんとヒロやストリングスの方たちが入場してHung Me For The Distance。

サビ前のなどの原曲ではシンセストリングスだった部分がストリングの方の演奏になっていて新鮮な感じ。

2曲目はGrateful Circle。
オケはオリジナル準拠だと思うけど、ストリングスが重なっているので少し雰囲気が違って聞こえる。

2曲目の後にMCを挟んで、DRASTIC MERMAID。

ストリングスのリフから始まったけど、オケはオリジナル準拠で、大ちゃんが生で音を足したりしていた。

で、そのままSCANDALOUS BLUEで、オリジナル準拠のアレンジでサビなどにストリングスが入っていてこれはこれでいい感じ。

そのまま、3部作のTEAR'S LIBERATIONが来るかと思いきや、大ちゃんのピアノソロ。

でも、SCANDALOUS BLUEのフレーズからのTEAR'S LIBERATIONのイントロが来て、ストリングスとヒロの歌が入って来た。

2コーラス目はオリジナル準拠のオケが流れて少しテンポが上がったかな。

7曲目は、ストリングスとピアノでSTAY MY LOVE。

この後、MCで鬼滅の刃の話などをしていた。

で、次の曲に行く前にちょっとしたトラブル。
ヒロが使用するタンバリンが出てくるのに時間がかかっていた。

8曲目は、ストリングスとピアノでのFriend Miningで、途中にCAN-DEE GRAFFITIが挟まれていた。

この後、ヒロはアコースティックギター、大ちゃんはエレキギターを持つのだけど、ここでは大ちゃんのギターの音が出ないトラブルがあったが、無事に解決してEspecially Kiss。

アレンジはライブ用アレンジになっていた。

その後はこちらもライブアレンジでSWEET SILENCE、オリジナル準拠のS-MILE GENERATIONと続いて、換気タイムとして15分の休憩。

換気タイム後は、ピアノとストリングスのみでのPALE BLUE RAIN。

その後はMCで、ストリングスの方の紹介などを行った。

13曲目はヒロは再びアコースティックギターで、大ちゃんはインスタライブに使用していたシンセをピアノ音源を演奏してのBright Sight。

アレンジはオリジナルから少しアレンジが加えられていた。

その後はsync paradeで、この曲ではストリングスのリーダーの方がバイオリン型のシンセを持ってブースから出てきて、歪んだ音色で演奏していたかな。

15曲目はEDGE。

最初はストリングスの演奏から入るけど、その後はオリジナル準拠のオケが入ってくるけど、サビとかではストリングスが重なっているので原曲とは違った雰囲気が楽しめた。

その後はLet me go(こちらはオリジナル準拠でストリングスの演奏はなし)、Winter Ring Affair(こちらはストリングスの入ったアレンジ)と来て、SILVER HEART。

SILVER HEARTはbinary engine ver.2007のアレンジで、再びストリングスのリーダーの方がバイオリン型のシンセ(コントローラー)を持ってブースから出てきて演奏していた。

その後は、Heart Mining(オリジナル準拠)、MOONSHINE DANCE(ライブアレンジ)で本編が終了。

アンコールは、何もMCはなく20th Sincerelyで、その後MC、ストリングスの方を呼び込んで話し出すけど、ヒロが途中でぶった切ってストリングスの方の演奏でハッピバースデートゥーユーをヒロが歌って、大ちゃんの誕生日(正確には11月4日)のサプライズ。

その後はFairy Snow、DECADE & XXX(SUMMER STYLE ver.2002)を演奏して終了。

LOOK-A-HEADは、大ちゃんたちがステージからはける時から、観客の退場の間にオケだけ流れていた。

時間的には休憩なども含めて3時間位。

このコロナ禍のため、観客に歌わせるのができないので、MOONSHINE DANCEとかもちゃんとヒロが歌っていた。

ホールツアーだといつもはドラムとギターがサポートで入っているけど、今回のストリングスが入るのは新鮮な感じで良かったかな。

音響も、観客が半分しか入っていないというのもあるのかもしれないけど、ストリングスを聞こえやすいようにしているのか、これまでとは少し違った感じがしたかな。

着席で、声も出せないというのはちょっと窮屈な感じがするけど、横で前編一緒に歌われて迷惑ということがなくなったりするという点ではいいのかもね。

配信で見るのもいいけど、会場に行って演者さんと同じ空間で演奏を感じるというのはいいものだ。

チケットの値段が上がっているから頻繁にはいけないけど、またライブがあったらチケットを取りたいな。
スポンサーサイト



■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

11 ≪│2020/12│≫ 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

ひ~た

Author:ひ~た
しがないサラリーマン
趣味でDTMとかやっています
詳しいことはwww.hi-ta.com
Twitterのつぶやきはこちらhttps://twitter.com/Hi_Ta

カウンター

検索フォーム

amazonアソシエイト













 Amazon.co.jpアソシエイト

Twitter

RSSリンクの表示

最新記事のRSS

QRコード

QR