fc2ブログ

■札幌・室蘭旅行1日目

2019年の伊勢旅行以来、3年ぶりの旅行

コロナ感染者数が減少傾向にあった6月に予約していて、7月から感染者数が増加傾向に転じてしまったけど、キャンセルしてもキャンセル料がかかるし、行動制限がかからなかったので行ってきた。

今回は札幌を中心にして2泊3日の旅行にした。

ただ、8月2日にTM NETWORKのライブがあって、旅行は土曜日を入れると高くなる可能性があったのと、土日はゆっくりしたかったので、8月3日から行くしか無かった。

それで、ライブ後に家に帰って次の日の朝早くに家から羽田空港に行くのはつらいということで、都内で前泊することにしたので実質3泊4日の旅行となった。

今回もJALのダイナミックパッケージで申し込んだ。

料金は70600円で、前回(2016年)に札幌で2泊3日した時と同じホテルだったんだけど、その時の料金は51900円だったのでかなり値上がりしている。

社会人になってからの札幌での2泊3日の旅行は、2004年、2010年、2016年と過去3回行っているので今回で4回目。

2日目の1日が完全にフリーとなる日に札幌以外に行こうと思っていて、最初は登別と室蘭の2ヶ所に行こうと思ったんだけど、時間的に難しそうなのと、登別の地獄谷とかは暑くて大変そうだと思い室蘭のみに行く計画にした。

ということで、ここからは行動の記録。


前日にTM NETWORKのライブが有楽町の東京国際フォーラムであって、秋葉原のレム秋葉原というホテルに泊まっていた。

前日は1時頃に寝て、8時頃にアラームを設定しておいたのだけど、窓の光を遮るカーテンを開けて朝の光が入ってくるようにしているので、5時過ぎとかに一度目が覚めたりした。

飛行機は12時30分発の便なのだけど、余裕を持って10時前にホテルをチェックアウトして、10時30分頃に羽田空港第1ターミナルに到着。

まずは手荷物を預けた。

飛行機に乗るのは4年ぶりなんだけど、手荷物を預けるのが自動化されていて、少し戸惑ったけど預けることができた。

ANAの羽田空港第2ターミナルでは、2015年に自動手荷物預け機が導入というニュース記事(「日本初!「ANA Baggage Drop」がデビュー!手荷物預けがスピーディーに!」(ANA))が有ったけど、JALでは4年前に乗ったときは自動化されておらず、2020年のプレスリリース(「「JAL SMART AIRPORT」、羽田空港で一部オープン」(JAL))で発表されているので、JALでは最近のことみたい。

その後は、早めの昼食ということで飲食店を回ってみた。

多くの店がランチタイム以降をターゲットにしているのか11時開店で開いていなくて、開いている店の1つだったロイヤルホストでクラブハウスサンドを食べた。

その後は保安検査場へ。

こちらも4年前に乗ったときから新しくなっていて、パソコンやタブレットを出して別にする必要がなくなっていた。

飛行機へはほぼ定刻通り乗り込むことができた。

機種はエアバス社のA350-900で、座席毎に液晶モニターやコンセントまでついていて進化していた。

座席は3人並びの席だったんだけど、ただ空いていただけなのか真ん中の席が空くようにしているのかわからないけど、自分と自分の前とかの真ん中の席は空席になっていた。

日差しが眩しいからか、機内に乗り込んだときには最初からすべての窓が閉じられていた。

自分は窓側の席にしていて外の景色を見たかったんだけど、日差しが眩しかったので少しだけ開けて時折外を見たりしていたが、自分の周囲は基本窓を開けていない人が多くて機内は暗めだった。

機内では少しSwitchを取り出してプレイしたりしていた。

東北地方とかで線状降水帯が発生していたせいか途中機体が揺れていたけど、無事新千歳空港に到着した。

手荷物を受け取った後は快速エアポートで札幌へ。

指定席券を購入したんだけど、発車までそんなに時間が無いのにPASMOが使えなくて、焦って急いで現金を出して支払いをした(クレジットカードは使えるみたい)。

札幌から地下鉄ですすきのまで行って15時30分頃ホテルにチェックイン。

ホテルは、過去2回利用したことがある札幌 東急REIホテル。

部屋によっては窓から無料風俗案内の名案内コナンというのが見えていたのだけど、Twitterで検索したら今年の7月辺りに普通の無料風俗案内になったみたいで、名案内コナンは無くなってしまっていた。

過去に北海道に来た時は、関東程ではなかったけど外に出ていると汗をかく暑さだったのだけど、今回は天気のせいもあったのか涼しくて過ごしやすい感じ。

少し休憩した後、17時頃に早めの夕食を食べにホテルを出た。

お店は事前に目星を付けていた回転すし 活一鮮 南3条店に行った。

夕食時の開店が16時30分からという情報を仕入れていたのだけど、時間も早いし混んでないだろうと思ったら、満席で少し待つことになった。

カウンターに案内されて、注文はタブレットで目の前では上に寿司が回転するレーン、下に湯呑や醤油の皿の回転するレーンがあるけど、このご時世なので寿司自体は回転していなくおすすめのネタの写真とかが回っていて、湯呑や醤油の皿の回転するレーンだけが機能していた。

自分が関東で食べるスーパーで売っているような寿司に比べると全体的に小さめな感じがするけど、ネタは新鮮で美味しかった。

人気なだけはある。

うにとかの高級ネタは1貫で650円とかしたけど、うには甘くて美味しかった。

8皿と夕張メロンサワーを頼んで4600円位だった。

その後はpatisserie OKASHI GAKUの自販機で売っている缶に入ったショートケーキを購入した。

以前、東京で缶に入ったケーキの自販機があるのをテレビか何かでたまたま見たんだけど、この記事を書く時に調べたら札幌が発祥だった。

その後は、ドラクエウォークのおみやげを取りにさっぽろテレビ塔へ行ってクエストを受注してお土産を手に入れて、スマホゲームの駅メモの路線を制覇するために路面電車の札幌市電に乗ってほぼ1周(約1時間)してきた。

札幌市電は1回120円なので、ほぼ1周しても120円でお得だった。

ホテルの最寄駅の1つ先で乗ってホテル最寄り駅で降りたので、ホテルの近くのコンビニでお酒などを買って20時頃ホテルに戻った。

帰ってきてからは、お酒を飲みながら自販機で買ったケーキ缶を食べた。

ショートケーキの缶を買ったんだけど、缶にスプーンを突っ込んで食べるので、普通のケーキを食べていると言うよりは、カップに入ったコンビニスイーツを食べている感覚だった。

ただ、普通のケーキと比べてスポンジ部分が少なくて、クリームとかがぎっしり詰まっている感じもした。

ショートケーキ缶正面

ショートケーキ缶上

後は、風呂に入ってYouTubeの配信を観たりしていた。

今回はSwitchを持ってきてて、アダプターの代わりにGENKI DockというHDMI端子もついたドック代わりになるアダプターを持って行っていたんだけど、ホテルのテレビの空いていたHDMI端子にケーブルを挿しても、リモコンの入力切替で空いていたHDMI端子を選択できないようになっていて使えなかった…

そんなこんなで、次の日の準備などをして1時過ぎに寝た。

こんな感じで初日は終了。

明日は室蘭に行く予定。
スポンサーサイト



タグ : 旅行

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

03 ≪│2024/04│≫ 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

ひ~た

Author:ひ~た
しがないサラリーマン
趣味でDTMとかやっています
詳しいことはwww.hi-ta.com
Twitterのつぶやきはこちらhttps://twitter.com/Hi_Ta

カウンター

検索フォーム

Twitter

RSSリンクの表示

最新記事のRSS