fc2ブログ

■津和野・萩旅行4日目

津和野・萩旅行4日目。

スマホのアラームで8時過ぎに起きた。

チェックアウト時刻は10時だったので、準備して9時30分頃チェックアウト。

新幹線の時刻は12時50分なので、とりあえず新山口駅のコインロッカーにキャリーバッグとお土産の一部を入れて新山口駅周辺を歩いてみることにした。

南口(新幹線口)を歩いた。

南口は色々整備されていて、ちょこちょこ公園があったりするし、少し歩くとイオンタウンがある。

どこか長時間滞在しても問題無さそうな飲食店にでも入ろうかと思って、イオンタウンにはガストとかあったみたいだけど、もう少しのところで歩くのが面倒になったので戻ることにした。

駅に戻る途中でマクドナルドを見つけたのだけど、建物の外は工事中で、入り口のところにはテイクアウトはOKとあって、店内での飲食は無理そうだったので通過して駅に戻った。

駅では新幹線の切符の時刻を変更するとしたらどうなるかと時刻表を見たら、新山口から東京駅に直通しているのが、9時50分発、11時50分発と来て自分の乗る12時50分発だった。

帰りは途中で夕食を食べて帰る予定だったので、9時50分発は早すぎて、11時50分発も東京駅で夕食を食べようとすると微妙な時刻だった。

なので、切符の時刻を変更せずに新山口駅で時間をつぶすことにした。

駅の通路のベンチでSwitchを取り出してあつ森をプレイしたりしていたら11時過ぎになったので、早めの昼食を食べに新山口駅にある船方農場CAFE 新山口駅店に入った。

船方農場は山口県にある農場で、船方農場CAFE 新山口駅店は船方農場や県内農家の食材を使用しているらしい。

船方農場CAFE 新山口駅店ではトマトモッツアパニーニを注文した。

パニーニは、イタリア発祥で温かいサンドイッチで、パンの部分は焼いているのでホットサンドみたいに少し固めになっている。

トマトのチーズは定番の組み合わせなので、美味しくいただけた。

その後は、何度か行っていた土産物店で生外郎を売っていたので、生じゃない外郎を既に購入していたけど購入した。

その後、コインロッカーからキャリーバッグなどを取り出して、12時過ぎに改札を通って待合室で座っていた。

12時50分に新幹線に乗って山口県を後にした。

新幹線に乗ってから2時間位は、連日歩いた疲れからか音楽を聞きながら寝ていた。

その後は、Switchを取り出してゲームをしたりし、東京駅で夕食を摂ろうと思って改札内の飲食店を検索していた。

定刻の17時15分に東京に到着した。

新幹線の改札を出て新幹線内で検索して決めた飲食店へ向かった。

少し迷った末に、グランスタ東京内にある肉卸小島という店に入った。

肉卸小島はステーキのお店なんだけど、山口で魚介類を多く食べたためか、純粋に肉が食べたくて選んだw

この記事の肉卸小島のリンク先のグランスタ東京のページ内のメニュー例だと、国産牛霜降りステーキが2980円で少し高いけどいいか~と思って入ったけど、松阪牛と雪降り和牛尾花沢(山形県産黒毛和牛)のステーキのメニューが置いてあって、気になったので雪降り和牛尾花沢のステーキを注文してしまった(松阪牛は伊勢旅行に行った時に食べたのと、2980円の国産牛霜降りステーキをメニュー上で見つけることが出来なかった(実際はあったかもしれないけど))。

メニューの写真だと肉1枚だったんだけど、実際はちょうど良い大きさに切られて出てきた。

お値段は松阪牛より少し安いけど、柔らかくて美味しかった。

塩やわさび、おろしポン酢も一緒に出されて、それを付けて食べても美味しかったけど、何も付けなくても十分味がついていて、そのままでも美味しかった。

実は、今回の旅行で一番高い食事だったw

この後、鉄道で帰宅して今回の旅行は終了。


今回の旅行は、夏季休暇の旅行と違って汗を書くことがほとんどなかったので過ごしやすかった。

と言いつつも、最高気温20度前後、最低気温は7度とかで、朝や夕方は上着が必須で、上着を着たまま津和野や萩を散策していたら、昼過ぎには暑くて汗をかきだしたので上着を脱いで持ち歩くことになった。

あとは、夏季休暇の旅行以上に現金を使う機会が少なかったかな。

山口県内での交通機関では事前に山口セントラルパスを購入していたので、津和野に行く際の特急スーパーおきの運賃の支払い(現金)以外は、電子チケットの提示で済んだ。

あとは、夏季休暇の旅行では入場料を払う施設に入ることがなかったので体験できなかったけど、一部を除いた施設の入場料の支払いでもPayPay等のQR決済が利用できた。

食事では津和野での昼食以外はPayPayでOKだった。

買い物系では、古くからの和菓子店は現金だった。

旅先の感想だと、津和野は鉄道の利用だと本数が少ない(地元の学生の登下校の時間帯に合わせている?)ので、自分のように途中で疲れて3時間位駅で待つ羽目になる可能性があるかも。

萩は新山口周辺よりも栄えていて見る場所もたくさんあるので、萩に宿を取って2日くらいかけて回るのも良さそう。

自分は今回バスと徒歩で回ったけど、どちらもレンタルサイクルが有るので自転車で回ったほうが自由度は高くなるかも。

津和野は、駅周辺の整備されている通りは1時間もあれば見終わるので、そこから少し外れた観光名所に行くには自転車が便利だと思った。

萩だとバスの時刻に縛られないので、すぐに見終わる場所に行ったりしやすくなる。

自分がレンタルサイクルを利用しなかったのは、元々レンタルサイクルを利用を選択肢に入れてなかったというのもあるけど、乗り慣れない自転車に乗るのが怖いのと、道に迷う可能性が0ではないというのもある。

バスだと座ってれば目的地の最寄りの場所まで正確に行ってくれるから楽だしw

最近は複数の場所で返却可能だったり、自転車用道路とか整備されている都市もあるので、今後は旅先でレンタルサイクルを利用することも選択肢として考えるようにしようかと思った。

来年は、夏季休暇の旅行はコロナがどうなっているかわからないけど、どこか行けたらいいな。
スポンサーサイト



タグ : 旅行

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

01 ≪│2024/02│≫ 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

プロフィール

ひ~た

Author:ひ~た
しがないサラリーマン
趣味でDTMとかやっています
詳しいことはwww.hi-ta.com
Twitterのつぶやきはこちらhttps://twitter.com/Hi_Ta

カウンター

検索フォーム

Twitter

RSSリンクの表示

最新記事のRSS