fc2ブログ

■仙台・松島旅行2日目

仙台・松島旅行2日目。

スマホのアラームは8時にしていたけど、7時過ぎに目が覚めた。

二度寝ができそうもなかったので起きることにした。

窓の外を見ると、夜中に雨が降ったのか道路が濡れていた。

朝食代わりのゼリー飲料を飲んで、出かける準備をして、9時にホテルを出た。

ホテルのエレベーターには、連泊する人向けに「戻りが17時より早い人はフロントにお知らせください」といった内容の掲示があったので、「15時か16時ごろには戻ります」とフロントに鍵を預ける時に伝えて出た。

これは、ホテルのベッドメイキングなどの人員が不足しているというニュースをちょこちょこ聞くので、このホテルもそうみたい。

あとは、チェックアウト時刻が11時までで、チェックイン時刻が14時からというのもあるかな。

繁忙期でチェックアウトする人の多くが11時までチェックアウトしなかったら、チェックイン時刻の14時までにベッドメイキングを終えなくてはならなくて、時間は3時間しかない。

なので、連泊の人の部屋のベッドメイキングは後回しになってしまい、上記のような掲示をしているのだと思われる。

ベッドメイキングをする人には悪いけど、自分の場合はそんなに遠くまで行かないし、17時まで時間を潰すのはつらいな~というので、17時より前に戻る予定であることを伝えておいた。

事前の予定では10時過ぎの電車で松島海岸へ行く予定だったけど、9時29分の電車に乗って10時過ぎに松島海岸へ到着(これが意外と良かったかな~)。

とりあえず瑞巌寺方面へ向かって歩いた。

前の人が入っていったので瑞巌寺の隣りにある円通院に拝観料500円を払って入ったw

円通院は日本庭園だけでなく、バラなどが植えられた西洋風の庭もあるし、洞窟群もある。

一通り見て回った後は、瑞巌寺へ。

こちらは拝観料700円で敷地内にある宝物館経も入場できる。

今回、寺社仏閣に行くことはわかっていたのに、賽銭用に10円玉を用意してなかったので、たまたま有った50円玉を賽銭箱に入れた。

50円玉がなかったら、コインロッカー用に用意していた100円玉になっていたのでヤバかったな…

宝物館や庫裡を見学して出たら11時だったので、早めの昼食を摂ることにした。

昼食は円通院の場所にある土産物店兼食事処の洗心庵に入った。

松島は牡蠣の養殖で有名なのでかき丼と、デザートに3色わらび餅を注文した。

かき丼は、とんかつのかつが牡蠣になった感じで美味しかった。

ただ、松島の牡蠣の旬は10月~3月なので、実際は松島の牡蠣ではないかもしれない(別の店では旬でない時期は県内の別の場所から仕入れるみたいなので、洗心庵の場合もこの時期は松島産の牡蠣ではなく宮城県産の牡蠣ではあるのかもしれない)。

わらび餅も3種の味が楽しめて美味しかった。

洗心庵 かき丼

洗心庵 3色わらび餅

その後は途中にあった土産物屋でお土産を購入して五大堂へ。

五大堂は3つの小島の一番奥にあって、小島を渡る橋は足元が透けて見える透かし橋となっている。

歩く部分は細い板で通れるようになっているのだけど、海外から来た家族の中の小さい子供が怖がっていた。

五大堂のある小島からは、福浦橋がきれいに見えた。

五大堂の後は福浦橋に行こうかと思ったけど、昨日歩きすぎて足が痛いのは治っていなかったので遠くから眺めるだけで済ませた。

ちなみに福浦島は自然公園になっていて、福浦橋を渡るには通行料(200円)を支払う必要がある。

時間的には12時を少し過ぎた頃だったけど、遊覧船に乗って塩竈に行くか~となったので遊覧船の切符売り場へ行った。

呼び込みが激しく、切符売り場に近づくと声をかけられる。

13時発のマリンゲート塩釜行きの芭蕉コースの切符を購入し、切符売り場併設の待合所で待つことにした。

芭蕉コースは大型船と中型船の便があって、大型船だと3階建てで上に行くほど料金が高くなる。

丸文松島汽船 芭蕉コースのホームページには料金は1500円と有ったんだけど、中型船だったからか1350円だった(ホームページには中型船でも1500円の表現だった)。

「12時50分に乗り場に向かってください」と言われていたので、向かって乗ったら客は4組だけだった。

中型船なので40分(大型船の場合は50分)かけてマリンゲート塩釜に向かうんだけど、ガイド音声をが流されていたので案内に従って島を見ていたのだけど、一部の島は東日本大震災の影響で形が変わってしまったという案内が有った。

ガイド音声は日本語だけだったんだけど、海外需要は考えてないのかな~(調べたら、音声ガイドが日本語と英語の両方で流れるものもあるみたい(参考「観光船や寺院、グルメも満喫!日本三景・松島のおすすめ1日プラン(LIVE JAPAN)」)。

子供の時に松島に連れてきたもらった時に、遊覧船に乗った記憶はあるので、形が変わる前の島も見ていたかもしれない…

マリンゲート塩釜で遊覧船を降りた後は、とりあえず本塩釜駅へ向かって歩いた。

足が痛いから長距離は歩きたくないな~というのもあって鹽竈神社に行くか悩んでいた。

ちなみに「塩竈」の表記が「塩竈」以外にも「塩釜」、「鹽竈」が有って紛らわしい。

塩竈市の公式名称は「塩竈」だけど、施設などでは「塩釜」が使われることが多く、マリンゲート塩釜や塩釜駅は「塩釜」表記、「鹽竈」は「」が「」の旧字体で鹽竈神社の名称で使われているとのこと(参考「塩竈市(Facebook)」)。

本塩釜駅に到着したらバス停があって、見てみたら「塩釜神社前」というバス停が有って、バスの時刻もそんなに待たなくてよかったので鹽竈神社に行くことにした。

バスに乗って塩釜神社前で降りて少し歩いたら表参道の入口が見えて、目に入った石段を見て帰ろうか少し悩んだけど登ることにした。

鹽竈神社 表参道

石段は202段あるそうで、一部の石は降りる方に向かって傾いているので、雨の日に登るのは怖いと思う。

石段自体も急なので手すりに手をかけながら登った。

鹽竈神社には、別宮本殿に志波彦神社もあるのでそちらも参拝した。

敷地内を歩いていると表参道は自分が登ったときも他の人の姿は無いのに、敷地内には人がいて、新たに入ってくる人もいて、これはよくある楽に登れる道も有ったのでないかと思い案内図を見たら、裏参道があった…

なので、帰りは裏参道を降りた。

こちらは、数段階段を下ったら平坦な道が少しあってまた階段という感じでそんなに負担なく下ることができた。

ただ、バス停から離れた場所に出てしまったのでどうしようか悩んでいたところ、本塩釜駅まで500メートル(徒歩6分)の案内があったので、バス停に行ってバスを待つよりは早いだろうということで歩いて本塩釜駅に戻った。

本塩釜駅から電車で仙台駅に戻り、仙台駅の店でお土産や夜に食べるお菓子などを買った。

この時、菓匠 三全萩の月を購入したんだけど、通常の萩の月って1個ずつ箱に入っていてかさばるので、簡易包装版はないのかな~と思って検索したら、簡易箱版も有るけど販売している場所が限られていた(オンラインショップでは普通に簡易箱版を売っている)。

仙台駅だとS-PAL本館地下1階の菓匠 三全 エスパル店と、東館2階の菓匠 三全 エスパル東館 TRAD.店の2箇所とのこと(参考「萩の月 仙台駅近くでお得な簡易包装が買える場所(~丁寧に暮らそう~ one happy one smileを大切に - 楽天ブログ)」)。

その後は、16時過ぎにホテルに戻った。

そこそこ汗をかいていたので、シャワーを浴びて休憩。

夕食は牛たんを食べようということで、お店を色々検索してホテルから近い場所に行くことにして、17時過ぎにホテルを出た。

夕食は、ホテルから近い仙台パルコ2にある撰 利久 仙台パルコ2店にした。

撰 利久 仙台パルコ2店は、牛たん炭焼 利久で全国展開しているお店の系列店らしい。

他の牛たんの店も全国展開している店も多いので、あまり気にしてもね~

撰 利久 仙台パルコ2店では、牛たん定食とカシスウーロンを注文。

牛たん定食は標準が3枚6切なのだけど、4枚8切、5枚10切まで選べたので、4枚8切にした。

牛たん定食には肉をさらに厚く切った牛たん極定食というのもあった。

牛たん定食は、牛たん焼、麦飯、国産牛テールスープ、小鉢、季節の和菓子で構成されている。

撰 利久 牛たん定食

牛たん特有の食感と味を堪能した。

写真右上のデザートも利久の系列の菓匠 撰 利久の伊達茶クリーム大福で美味しかった。

写真の牛たんに焼の皿の右上にある物も利久でご飯のお供として販売している製品みたい(ホームページには5種類あるんだけどどれだったかはわからない…)で、ご飯と一緒に食べたら美味しかった。

牛たんを堪能した後はコンビニでお酒とかを買ってホテルに戻った。

コンビニは昨日行ったホテル前のセブンイレブンの品揃えがいまいちだったので、別のコンビニに行ってきた。

ホテルでは、風呂に入った後は、夕方買ってきたいたがきのフルーツインゼリーを食べながら、お酒などを飲みつつ、ダラダラ過ごしていた。

いたがき フルーツインゼリー

いたがきは仙台市の青果物の専門店で、フルーツインゼリーは加熱処理をしていない生のフルーツを使用しているとのこと(要冷蔵で消費期限は製造日を含めて4日間しかない)。

ゼリーの色の違う2種類(片方はシトラスでもう片方の名前は忘れた(レシートもゼリー2本みたいな記述だった))を買ったんだけど、ゼリー自体の味はそんなに違いがなく、入っているフルーツが異なっている感じ。

どちらも、新鮮なフルーツで美味しく頂いた。

ダラダラした後は、明日のチェックアウトのために荷造りをしたり、明日の行動予定を考えたりして、25時30分頃寝た。

明日は帰る日で、時間に余裕を持たせてあるけど、歩き回るのはつらいのでどうするかな~
スポンサーサイト



タグ : 旅行

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

01 ≪│2024/02│≫ 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

プロフィール

ひ~た

Author:ひ~た
しがないサラリーマン
趣味でDTMとかやっています
詳しいことはwww.hi-ta.com
Twitterのつぶやきはこちらhttps://twitter.com/Hi_Ta

カウンター

検索フォーム

Twitter

RSSリンクの表示

最新記事のRSS