fc2ブログ

■初音ミク オリジナル 「受難の果て」を公開

今回はオリジナル曲。

何となく三拍子の曲を作りたくなったので作った。

オリジナル曲では2曲目の三拍子曲かな。

自分の中では三拍子の曲と言うと平沢進の曲が思いつく。

自分が通常音楽を聞くときは三拍子と四拍子の違いは気にせずに聴いていて、ふとした時に「これは三拍子なのか!」と気づく感じ。

TM NETWORKや浅倉大介関係だと基本四拍子の曲で、本当にこれまでの活動の中で数曲三拍子の曲がある感じなんだけど、平沢進の場合は1枚のアルバムの中に1曲は三拍子の曲がある感じ。

平沢進は、昔から五拍子とか七拍子の曲を作ったり、最近だと全体を通すと四拍子なんだけど、五拍子を3小節+1拍(合計16拍なので四拍子で4小節扱いになる)とかやってくるので、四拍子以外の曲を作るのは得意なんだろう。

というこで、最初はバスドラムのパターンを作って、スネアは1拍目にアクセントを持っていくことにした(間奏、Aメロ、サビで鳴っている2拍目のスネアは最後の方で追加した)。

その後、Cubaseのコードパッドを利用してコードを決めて、とりあえずストリングスを入れたらかすかに平沢進のソロっぽくなった。

その後、Bメロサビと入れていく中、すぐにBメロの歌が入るのではなく間を開けるとかして、サビまでメロディを作ったんだけど、メロディラインに関しては、平沢進っぽくは無くなっているかと思う。

アレンジに関しては、サビは最初シンセリードの音が主張し過ぎて他と合わないかなと思ったんだけど、アレンジとミックスをしていくうちに埋もれて行って逆に主張が足りなくなったので音を重ねたりした。

あとは、間奏とAメロに彩りが足りないな~ということで平沢進の「庭師KING」のイントロや間奏で鳴っている男性声のコーラス(「はろはろへ~」と聞こえるのがある)を参考にしたフレーズを入れたりした。

歌詞は毎回悩むのだけど、Aメロの最初の部分を思いついて、この部分は絶対使いたいということから広げていった。

歌詞を作ろうとしていた時期は、増税◯ソメガネというのが話題になっていたのも有って、最終的には公開したような歌詞になった。

何となく合いそうだったのでBメロの部分に「ラララ…」のコーラスを入れたんだけど、愚痴みたいな歌詞の中で、能天気に「ラララ…」って聞こえてきて面白い雰囲気になっているかなw

タイトルは動画を作る前まで決めて無くて、最初は英語のタイトルにしようと思ったんだけど、翻訳したら長くなったので日本語にした。

ということで、よかったら聴いてみて下さい。






スポンサーサイト



タグ : 音楽DTM

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

カレンダー

01 ≪│2024/02│≫ 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

プロフィール

ひ~た

Author:ひ~た
しがないサラリーマン
趣味でDTMとかやっています
詳しいことはwww.hi-ta.com
Twitterのつぶやきはこちらhttps://twitter.com/Hi_Ta

カウンター

検索フォーム

Twitter

RSSリンクの表示

最新記事のRSS